すぎた きゅうしん
杉田久信の “現場”
からの教育提言
 ≪基礎学力で教育再生≫

トップページへ  お問い合わせ
A.理論編 B.実践編 C.心の教育 ◆校長室の窓から ◆リンク集
★誰でもできる基礎学力指導法(動画
1 「学習の約束」
2 「宿題の方針」
3 保護者との連携
4 学習の基礎の基礎
5 指導の3原則
6 授業場面でのほめる指導
7 学力を伸ばすための簡単・確実・効果的な方法
8 音読の指導法、漢字の指導法、視写の指導法
9 計算力を鍛える指導法(基礎計算指導法)
10 算数授業のパターン化、ノート指導法
11 国語授業のパターン化、ノート指導法
12 百人一首の指導法

B−基礎学力はこうしてつける

6. 4つの観点でほめる指導

ほめる指導のコツは、できていないことを叱るのでなく、できていること(当たり前と思うことでも)をほめることから始めることです。低学年ほど効果が大きいですが、高学年でも有効です。何よりもこれで、子どもたちは日々元気になり明るくなります。そして、先生と勉強が大好きになっていきます。 

(1)  当たり前のこと をほめる

 ・授業の準備をしていた子供をほめる
 「浅野さん、えらい。授業が始まる前にノートを開いている」
 「神谷さん、すごい。教科書もノートも開いている」
  「教科書を開いている人」とたずね、挙手した子どもを「いい準備だ。教科書を開いて準備し
  ている人は必ず伸びる。」とほめます。
 ・同じように、教科書のページの確認やノートを開いていることについても、テンポよくほめま
  す。
  ・日付、ページ、題名、問題番号を書いた子供をほめる   
 ・単元名、題名、問題番号についても同じようにテンポよくほめていきます。
 ・「教科書25ページ、四角2、指で押さえなさい。隣の人も同じだった人は、2人とも手を挙
  げます」挙手した子供を見て、「えらい」「きちんときいている」「いい耳だ」とテンポよくほめま
  す。
 ・ 隣の友達に押さえる場所を教えている子どもには、「酒井さんは、とっても優しい」とほめ
  ます。
 ・子供たちの音読を「いい声だ」「読み方がうまい !」「はきはきしたいい声ですね」とほめま
  す。
  ・「奥田さん、本をきちんと持って読んでいます」
 ・全体の声が小さい時は、個人名をあげてほめます。 「上村さん、清水さん、浅田さんの声
  がよく聞こえました。3人のように、もう一度しっかり読みましょう」
 ・「山田さん、手がまっすぐ上がっています。分かりやすくていいですね」


(2)  ていねいさ、速さをほめる

 ○ノートをきれいに書いた子供をほめる

 ・「野口さん、よい姿勢で書いています」
 ・「下敷きを敷いて、ていねいに書いてあるね。ていねいに書く人は伸びる!」
 ・「文字が行にはっきり大きく書かれていてきれいだね」
  ・「ミニ定規をきちんと使っていて、線がきれいだね」
 ・「2マス分きちんと空いていて見やすいね」
  ・「上と下の問題が1行分空いていて見やすい」
  ・「間違ったところに×をつけて、きちんと書き直して、えらい ! 」
 ・「わからないところをきちんと写したね」 
 ・「閉じた赤丸がきれいに書けているね」など。

 ○速さをほめる

 書き終えた子供から、次々に手が挙がります。

 ・子供「書きました」 教師「早い!」
 ・子供「書きました」 教師「かしこい!」 
 ・子供「書きました」 教師「すばらしい!」
 
  別の日には次のようにします。

 ・子供「書きました」 教師「すごい!ノートに1番と書きなさい」
 ・子供「書きました」 教師「早い!2番と書きなさい」
 ・子供「書きました」 教師「3番と書きなさい」

    ↓

 「10番までの人、とっても早いですね。すばらしい」とほめます。11番からはほめません。

 ○問題を解いた順にほめる

 3問目ができた人から、ノートを持ってこさせ、○をつけながら力強くほめます。

 ・「早いなあ。合っている」とみんなに聞こえる声で言います。
   子どもは「やったー」とうれしそうです。
 ・「かしこい !」、「すごい!」・・・・・違うほめ言葉を一声づつテンポよくかけていきます。
  ・日によっては、ノートを持ってきた順に番号を書いてやります。

(3)  まじめに努力している態度、チャレンジしている姿勢をほめる

 ・「木村さん、真剣に話しを聞いています」
  ・「よく努力しているね。努力する人は伸びる!」
  ・「 挑戦してくるところがとても立派だ 」    

 ○間違えた子供をフォローする

 子供が持ってきたノートの答えが間違っていたら×をつけます。2回×が続いた時、

 ・「 よくがんばっているなあ 、佐藤さん」とほめます。そして、正解したら大きな花丸をつけな
  がら、「おめでとう。あきらめないで、よくがんばったね」とほめます。
  ・そして、みんなの前で「佐藤さんは、こんなに×がついても3回目にできるようになりました
  。
  たくさん間違える人ほど勉強ができるようになります 。最後までがんばった佐藤さんはえら
  い !」とほめます。
  ・「 花田さんの間違いのおかげで、みんなの考えが深まりました 」

 まったくわからない子供 をほめる

  ・まったくわからない子供には、赤鉛筆で薄く筆算の手順などを書いてやります。その子
   供が一番最後の引き算の答えだけを書けばいいように残しておきます。
   「赤鉛筆でかいたところをなぞって、最後までかいておいで」と小さい声でいいます。その
   子どもがなぞってノートを持ってきたら○をつけて、「よくできた !うまい」とみんなにも聞こ
   えるように力強くほめます。これを何度も繰り返すと、だんだん算数ができるようになって
   きます。
(4)  発表内容のよさを褒める

@ 主張の明確さ、分かりやすさ、論理の明確さをほめる

 ・「言いたいことがはっきりしているね」
  ・「とてもわかりやすい説明だった。うまい !」
 ・「なるほど! 説得力のある意見だね」
 ・「深く考えているね」
 ・「本音で自分の考えを話しているので皆に伝わるんだね」
 ・「数字が大きくはっきりと書いてあって読みやすい」
 ・「補助計算が大きく書いてあってとてもいい」
 ・「矢印がきちんと書いてある。すばらしい ! 」とほめます。

A 思いやりや愛情が溢れている意見・考えをほめる 

 ・「加藤さんの意見には、優しい気持ちが感じられますね」
 ・「笹嶋さんの言葉は温かい。みんなの心も温かくなったよ」とほめます。

B 創意工夫、独創性をほめる 

 ・「よく工夫されています。すばらしい!」
 ・「とてもユニークな意見だ」「おもしろい考えだね」
 ・「なんだかわくわくする意見だね」「興味深い意見だ」
 ・「みんなの考えが深まるよい意見だ」とほめます。