すぎた きゅうしん
杉田久信の “現場”
からの教育提言
 ≪基礎学力で教育再生≫

トップページへ  お問い合わせ
A.理論編 B.実践編 C.心の教育 ◆校長室の窓から ◆リンク集
★誰でもできる基礎学力指導法(動画
1 「学習の約束」
2 「宿題の方針」
3 保護者との連携
4 学習の基礎の基礎
5 指導の3原則
6 授業場面でのほめる指導
7 学力を伸ばすための簡単・確実・効果的な方法
8 音読の指導法、漢字の指導法、視写の指導法
9 計算力を鍛える指導法(基礎計算指導法)
10 算数授業のパターン化、ノート指導法
11 国語授業のパターン化、ノート指導法
12 百人一首の指導法

B−基礎学力はこうしてつける

7.学力を伸ばすための簡単・確実・効果的な方法

(1) 授業の終わりに、学習した要点を隣り同士で話させる

 •  学習した内容を定着させるのに最も効果的なのが、人に話する(説明する)ことである 。

 •  覚えるべきことは、授業中に時間をとってその場で覚えさせる。

 •  授業の終わりに、隣同士で交互に学習した内容を各1分間以内で話させる。その際、話す
  る子は何も見ないで話す。聞いている子はノートを見ながら、抜けている内容があれば指
  摘する。

 •  2分間たったら、称賛の拍手で締めくくる。

 •  抜かしてはならないポイントを、教師が30秒以内で指摘する。

 •  各自が話した内容を約3分間でノートに書く。

 

(2) テスト勉強は必ず宿題にする

 •  抜き打ちテストは絶対行わない 。これは教育ではない。テストを子どもたちが学習の力を
  つけることに活用することが大切である。

 •  そのためには、

 @ あらかじめテストの範囲とテストの日を知らせる。

 A学習方法を示し、ノートなどに宿題としてやらせる。

 Bテストの前に隣の子と問題を出し合う機会をもつ

 C (宿題をしてこなかった子は、「勉強せずにテストを受けることは許されない」ということで
   、テスト中に宿題をやらせ、放課後テストする)

(3) 基礎事項を網羅したテストを作り、同じテストを忘れたころに何度も宿題にする。

 •  学習した内容は日が経つと忘れてしまうもの。定着のためには、忘れた頃に繰り返すこと
   が必要である。

 •  基礎事項を網羅したテスト(前にやった同じテストでもよい)を作り、忘れた頃に土日の宿
   題として

  3回以上だす。

  ○つけは本人にさせる。