すぎた きゅうしん
杉田久信の “現場”
からの教育提言
 ≪基礎学力で教育再生≫

トップページへ  お問い合わせ
A.理論編 B.実践編 C.心の教育 ◆校長室の窓から ◆リンク集

校長室の窓から

学習の足跡が分かるきれいなノートを目指しましょう

富山市立山室中部小学校 校長室通信      第16号  (平成18年9月26日)

「見やすくきれいなノート」をつくるために、次のようなノート指導に努めることを全教員で申し合わせました。時間はかかるとは思いますが、全ての子供たちのノートが「学習の足跡が分かるきれいなノート」になることを目指しています。

 

ノートを見ると勉強の出来、不出来が一目でわかります

 ノートがぐちゃぐちゃな子供がよい成績を収めることはありません。それは、ノートが雑然として

いれば、それだけミスが多くなからです。それ以上に、ノートを乱雑に書いているということは、て

いねいさや粘り強さに欠けているということです。 勉強にはていねいさや粘り強さが必要 とされます。

ですから、ノートの乱雑な子供はていねいさや粘り強さに欠けているので、よい成績が無理なので

す。逆に、ノートの乱雑な子供が、ノートをきれいに書くようになると、成績がよくなったという

実例は数多くあります。ですから、どの子にも「見やすくきれいなノート」づくりを指導することが

重要なのです。

 

見やすくきれいなノートをつくるポイント (算数ノートの例)

•  ミニ定規を使います

   ミニ定規 ( 10〜15p ) を使うことに慣れることは基本中の基本です。それは、 ていねいさの

象徴 でもあります。ミニ定規は、有名附属小学校で学力向上の秘訣として伝承されていたもので

す。ミニ定規を使えば、位取りがきちんと書けます。うっかりミスの多くは、位取りの間違いに

よるもので、定規を使うようになると防ぐことができます。

実際に、ミニ定規を使うことに慣れてくると、ノートがきれいになり、ミスが激減してきます。

 ミニ定規を使いこなすようになれば、それだけでテストの点数は確実に10点は上がると言われ

ています。ミニ定規を使うことは、それほど優れた指導法なのです。

A  問題と問題の間は2マス分あけます

問題をぎっしり詰めて書く子供がいます。これも、ノートを見にくくし、ミスを犯しやすくする原因になりま。問題と問題の間はたっぷり余裕をとることが見やすいノートをつくるポイントとなります。といっても、「すこしあけなさい」では、子供にはわかりません。具体的に「2マス」ということが大切です。これでノートは見違えるように見やすくきれいになります。なお、下の行に移るときは、1行か2行あけます。

B  間違ったら消しゴムで消さないで隣に書き直します

  間違っても消さないで、その横に新しくやり直しま す。ですから消しゴムは使いません。勉強は間た

ところこそ重要です。間違ったところを消しゴムで消して、正しい答えに書き直していたら、自分がどこを

どう間違ったのか、わからなくなってしまいます。ですから、答え合わせも消しゴムは使いません。

 消しゴムを使うと汚くなるし、時間がかかります。隣に書いた方が早くてきれいです。

C  補助計算は堂々と書きます

  補助計算とは、子供がノートの隅に小さく書いて、すぐ消してしまうような計算のことです。

  この補助計算を堂々と書くことで、間違いが少なくなります。また、どこで間違ったかも一目でわかるようになります。

◎  上記の4点以外のノートづくりのポイント

・  日付、教科書のページ、題名、問題番号を必ず書きます

・  文字や数字を罫線にふれるくらい大きく、はっきり書きます 。(=きれいに見せるコツ)

•  答え合わせの赤丸は、閉じたきれいな◯を書きます

•  22行のノートを使います。(1、2年生は14〜20行)

保護者の皆様には、お子様のノートをご確認ください。前より少しでも「見やすくきれいなノート」になっていたら、ぜひほめてあげてください。あまり変化がなかったら上記の要領で「見やすくきれいなノート」になるよう目標をもたせ励ましてください。

 

★  お知らせ   今年度の計算・漢字のチャレンジテスト(前期)は、

 計算:10月2日(月)〜10月13日(金)に実施します。前半の週は練習期間になります。

 漢字:10月23日(月)〜11月7日(金)に実施します。 ※1年生は前期に漢字はありません。

 80点以上が合格(再チャレンジテストも含め)です。全員が合格して、どの子も自信をつけてほしいと願っています。学校では全員が合格できるように指導に努めますが、ご家庭でもご協力をお願いいたします。

★  杉田久信の現場からの教育提言 ≪基礎学力で教育再生≫ http://sugita.style.coocan.jp/  というホームページを開設しました。 山室中部小の HP からもリンクできます 。私個人の教育への考えをまとめてあります。興味のある方はぜひ検索してみてください。

 前号に戻る                                       次号へ進む